痒みと皮膚の乾燥との戦いだったアートメイク後1週間ほどのダウンタイム

清潔な状態に皮膚を保つこと

肌の乾燥状態がひどくなりました清潔な状態に皮膚を保つこと仕上がりは本当に自然で大満足

翌朝には腫れ上がった状態も赤みも薄らいではいたものの、海苔みたいな眉毛にびっくりです。
ある意味皮膚を傷つけながらインクを入れるのですから、赤みが出ても腫れ上がっても不思議ではないこと、この時ほど早く時間が経過してほしいと思ったことはないくらいでした。
辛かった1週間を振り返ってみると、最も色が眉毛の部分に濃く感じられたのは、施術当日とその翌日です。
テレビで見るようなお笑いタレントさんのように、本当に板海苔を貼り付けたみたいでした。
翌日ですが施術部位に触れると、やはりまだ皮膚はダメージを受けた状態なので痛かったです。
ほんのりとかさぶたになり始めて、若干痒みを感じるようになったのは施術から2日を経過したくらい、水疱瘡の跡も何となく気になる3日目には完全に痒くなりました。
掻いたら皮膚に余計に傷がつくため、触れないようにする自分との葛藤です。
痒みと皮膚の乾燥に悩んだ1週間でしたが、その間にやったことがあります。
出来るだけ皮膚を乾燥させず、保湿で満たすようにすること、スキンケアでは保湿重視、そのうえでワセリンも使いました。
アドバイスとしてもらっていた、清潔な状態に皮膚を保つことにも重点を置いてのアフターケアです。
肉眼でははっきりわからなくても、無数の傷がついた状態ですから、不潔にしておいては雑菌の攻撃を受けてしまいます。